経営計画

令和4年4月~令和5年3月
第10期経営計画
(第二次中期経営計画第2期目)

当社の事業は、社会に不可欠なインフラの整備をはじめ、その保全や災害防止などのコンサルタント業務を通じ、よりよい地域づくり、国づくりに貢献することを目的としています。

今期最も重要な課題は「人財の確保と育成(特に技術の伝承)」です。社会インフラが老朽化し、管理ニーズが高まる中、私達KCMに懸けられる期待は大きくなっています。一方、業界全体で人材不足・高齢化が進んでおり、業界トップのKCMは、業界共有の課題に取り組んでいます。


-今期の重点策-
今期は第二次中期経営計画の2年目です。
営業戦略検討会・建設DX・女性活躍等新しい施策も含めて
以下の3本柱を軸に取り組んで参ります。


・基幹事業の維持・向上に加え、当社の市場における新しい存在価値を見い出し、受注拡大を実現します。
・当社の唯一の経営資源は『人財』です。人財確保・育成に力を入れ、技術伝承を進めていきます。
・多様な人財が働きやすい職場環境を整え、処遇の改善等会社の魅力を高めていきます。
・社会貢献活動を積極的に行い、地域社会にとって必要な存在となっていきます。
・事業監理業務の拡大をはじめ、DX対応も推進していきます。
・M&Aも視野に新規活動を展開・挑戦していきます。