道路許認可審査・適正化指導業務

道路許認可審査・適正化指導業務は、「道路許認可審査業務」と「適正化指導業務」の2つを行うものです。
道路許認可審査業務は、工事で道路を一時的に占用したい、道路に看板を置きたいといった申請の審査作業をはじめ、道路に関する幅広い申請や相談に応じる業務です。占用申請の対応以外に、道路と土地の境界を知りたい、クレーンなどの特殊車両の通行許可を申請したいといった相談への対応も行います。
道路は地域住民にとって欠かせないインフラであり、利用が制限されると交通や物流などに大きな影響を及ぼします。そのため工事やイベントなどで道路を占用する際は、道路法をはじめとする様々なルールを遵守しなければいけません。
たとえば、工事現場や自宅の駐車スペースに車両を乗り入れたいが、歩道と車道に段差があって難しい場合、歩道の切り下げ工事を行うことができます。ただし、これは事前に申請が必要で、勝手に実施してはいけません。切り下げた箇所やその数によって、歩行者の通行の妨げとなるなど、様々な弊害が生じる可能性があるためです。 そのため、ときに申請者の希望すべてはかなわない場合もありますが、申請者と発注者の間に立ち、可能な限り希望がかなうように調整していきます。

適正化指導業務は、許可を取らないで道路を占用していたり、特殊車両を走らせていたりする業者の取り締まり・指導を行い、道路の適正な管理を推進していく業務です。具体的には、許可されていない工事や看板、違反特殊車両の取り締まりや、放置自転車の状況把握などがあります。
たとえば、クレーンなどの特殊車両が道路を走行する際は、特殊車両通行許可が必要です。これは道路や橋が車両の重さに耐えられず損壊する危険があるためです。そのため事前に車両の大きさや重量などを確認し、通行を希望する道路を走行しても問題ないか審査を行わなければなりません。

こうしたルール違反を取り締まり、またルールの周知も徹底することで道路の適正な利用を推進していくのが、適正化指導業務の役割です。