工事監督支援業務

工事監督支援業務は、国土交通省職員が円滑かつ的確に工事の契約事項の履行確認ができ、的確に施工業者との協議等ができるよう支援するものです。つまり、工事の発注者と施工業者の間に入って、工事がスムーズに進むようサポートします。
具体的に行うのは、材料の個数や規格の確認、造られた構造物の出来形(寸法)や品質のチェックなどで、工事の着工から完成・引き渡しまで、文字通り施工段階の全工程に関わり、施工状況に問題がないか監督します。
工事が始まると、施工業者から都度、施工状況に関する報告書が届きます。その内容に問題がないかをチェックし、必要に応じて現場で立会確認を実施し、工事が設計図書通りに進んでいるか照合します。
また、施工業者から提出される資料と現場状況の照合及び、設計変更協議用資料の作成を支援したり、工事に伴って発生する付随業務のサポートをしたりするのも大切な仕事です。

工事の設計図書において、「発注者の調査職員の立会のうえ施工するもの」と指定された工種について、設計図書の規定に基づき立会を行い、その結果を調査職員に報告するのも重要な仕事です。
そのほか、施工前に必要な事前手続き書類の作成支援や、地域住民へ向けて開催する事前説明会の運営フォローなどがあります。関係各所と協力してより良い構造物を完成させることをめざし、日々の業務に取り組んでいきます。
工事は基本的に施工計画・設計図書のとおりに進みますが、まれに不測の事態が発生することもあります。その場合、発注者に代わって速やかに現場の状況を確認し、工事が滞りなく進むように調整することも重要な仕事です。